ジェネリックの利便性 | 女性用バイアグラで不感症を克服しよう!薬がもたらす効果とは?

ジェネリックの利便性

容器が倒れて中身が出ている

マレグラはバイアグラのジェネリック医薬品であり、そのおかげで通常より安い値段で購入することが出来ます。
ここで、ジェネリック医薬品が何なのかご存知でしょうか?
ここ何年で各製薬会社がこのジェネリック医薬品という言葉を使ってテレビやインターネットなどのメディアを通して宣伝していますよね。
ジェネリック医薬品とは元々海外などで開発されていたお薬を日本の製薬会社が日本人向けに改良し、販売しているお薬のことをいうのです。
何故100%日本製のお薬を作らないのかというと、何もない状態から薬を完成させるには莫大な時間と費用が必要になってくるからです。
まず、薬を開発するための開発施設が必要になってきます。もちろん、専用の機械や道具も用意しなければなりません。量産性のない専用の機械は値段も簡単に一般人が買える値段ではありません、
これらの道具を扱う資格と知識を持った人材も集めなければなりません。一般企業やアルバイトの募集とは訳が違います。この人材を集めるだけでも相当な時間がかかります。
正規で雇うとなれば人件費も必要です。
最後の何より大事な薬の原材料です。日本にはない植物が必要になってくることが多いのでわざわざそのために輸入する必要が出てきます。今上げただけでもかなりの費用を用意しなければいけませんが、何よりもかかってしまうのが時間です。
薬を完成するには1年や2年では出来ません。最低でも10年は見ておく必要があります。
これだけの費用を10年以上の分用意する余裕は日本の製薬会社にはありません。
だったら、元々ある薬を改良して販売したほうが病院も患者さんも安く手に入れやすい金額で提供できるのです。